2019年02月18日

『翔んで埼玉』お薦め映画

★★★★ 2018年製作 日 (107 min)
【監督】武内英樹(テルマエ・ロマエ、のだめカンタービレ 最終楽章 前編、今夜、ロマンス劇場で、テルマエ・ロマエII )
【出演者】二階堂ふみ(この国の空、オオカミ少女と黒王子、リバーズ・エッジ、蜜のあわれ)
GACKT(悪夢ちゃん The 夢ovie、劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー)
伊勢谷友介(雪に願うこと、嫌われ松子の一生、CASSHERN、図鑑に載ってない虫)
京本政樹、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香

【あらすじ】その昔、埼玉県人は東京都民から大変な差別と迫害を受けており、通行手形がないと東京に出入りすら出来なかった。 都知事の息子・壇ノ浦百美が生徒会長として君臨する東京の超名門校・白鵬堂学院に、アメリカ帰りの麻実麗が転入して来る。 実は麗は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指す埼玉解放戦線の主要メンバーであった…。 ギャグコメディ。
原作:魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』

『翔んで埼玉』象のロケット
『翔んで埼玉』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

saitama1.jpg 【解説と感想】 都道府県の中で道・府・県と東京都の間には、純然たる格差がある。都内(東京23区内)と都下(その他の東京地域:武蔵野市や西多摩郡など)の間にも、23区内の中にも明らかな差がある。不動産価格で考えれば分かりやすい。都会指数の高い場所の土地は高い。気位も高くなっちゃうのかも。地方出身者でさえ都民になった途端、千葉都民・埼玉都民を小バカにするようになってしまうのだから、始末に負えない。

本作は、埼玉が都民から徹底的に差別されていることを前提とした物語である。ちなみに原作者の漫画家・魔夜峰央氏は新潟県出身で、埼玉県所沢市に住んでいたことがあるらしい。つまり「ずっと都内在住」、「ずっと地方在住」の人よりも、ずっと「格差」を体験してきたであろうお方なのだ。

saitama4.JPG 主人公・壇ノ浦百美ダンノウラモモミ(二階堂ふみ)は東京都知事(中尾彬)の息子で都内超名門校の生徒会長。そしてもう一人の主人公・麻実麗アサミレイ(GACKT)はアメリカ帰りの転校生で都会人のフリをした隠れ埼玉県人。千葉解放戦線の策士・阿久津翔(伊勢谷友介)、伝説の人物・埼玉デューク(京本政樹)、悪玉・神奈川県知事(竹中直人)も登場し、陰謀と駆け引きが始まる。百美と麗は最初から最後まで男子高校生である、念のため。

百美が君臨する白鵬堂学院には、都会指数に準じた出身地別の身分制度がありトップはA組。埼玉県出身者は底辺のZ組で校舎に入ることすら許されず、ひどい仕打ちを受けている。そして、埼玉県民は「通行手形」がないと東京に出入りすることができず、不法滞在移民のように強制連行されてしまう。麗は、そんな可哀想な埼玉県人の救世主となるべく立ち上がった!

saitama2.JPG 私にとってGACKTは正体不明のミュージシャン。美形なのかもしれないが、なんだか素顔がよく分からない。演技力は…麗役にはピッタリだったからきっと良かったのだろう。45歳で高校生には見えなくても、全く問題ない。百美が麗に一方的に恋をする様子も面白いし、麗が拷問やキスで悶え苦しむシーンはセクシーで笑えた。鑑賞後もGACKTへの謎は深まるばかりだが、もともと高かった彼のスター指数は本作で更にアップしたと思う。

saitama3.JPG 原作はとっても短いのに、よくぞここまで内容を膨らませたなと感心した。ストーリーも人物設定も全てがオカシイのだが、それでこそ「パタリロ!」の魔夜峰央ワールド。傲慢な都民が関東各県をいたぶる様子も、関東県民の自虐ネタも「あるある」で吹き出してしまう。散々こき下ろされた埼玉県人の皆さん、怒ったフリして楽しもう。壮大なスケールで描く、大真面目であり得ない愛と革命のギャグコメディ。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
 
posted by 象のロケット at 20:38| 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする