2018年11月01日

『ボヘミアン・ラプソディ』お薦め映画

★★★★★ 2018年製作 英・米 (135 min)
【監督】ブライアン・シンガー(X-MEN、スーパーマン リターンズ、X-MEN:アポカリプス、ユージュアル・サスペクツ)
【出演者】
ラミ・マレック(ニード・フォー・スピード、ナイト ミュージアム エジプト王の秘密、ナイト ミュージアム、ザ・マスター )
ルーシー・ボイントン(シング・ストリート 未来へのうた)
グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョー・マッゼロ、エイダン・ギレン、アレン・リーチ
【あらすじ】1970年、イギリス・ロンドン。 昼は空港で働き、夜はライブ・ハウスに入り浸っていた青年フレディは、ギタリストのブライアンとドラマーのロジャーのバンドの新しいヴォーカリストとなり、ベーシストのジョンを加え、ロックバンド「クイーン」として活動を始める。 数々のヒット曲が生まれ、彼らは世界的大スターとなるが…。 音楽ヒューマンドラマ。
音楽総指揮:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー

『ボヘミアン・ラプソディ』象のロケット
『ボヘミアン・ラプソディ』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.


bohemian1.JPG 【解説と感想】 世界を代表するイギリスのロックバンド「ビートルズ」の活動期間は1950年代後半〜1970年。そして同じくイギリスのロックバンド「クイーン」の4人全員での活動期間は1973年〜1980年代初め。どちらも昔のバンドで、私もリアルタイムでは彼らの活躍の記憶はあまりない。だが、そのメロディーは今も世界中の至る所で流れているし、新しいファンも増やし続けている。ビートルズのジョン・レノン射殺事件と同じくらい衝撃的だったのが、クイーンのヴォーカル、フレディ・マーキュリーのHIV感染。メンバーの死で両バンドの伝説は更に大きくなったが、オリジナル・メンバー全員揃っての活動はもう出来ない。

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』、『ザ・ローリング・ストーンズ:シャイン・ア・ライト』はドキュメンタリー映画で、彼らの歩みと知られざる姿を見せる構成と音楽的な満足感と臨場感で観客を魅了した。しかし本作『ボヘミアン・ラプソディ』は「クイーン」のドキュメンタリー映画ではなく、フレディ・マーキュリーの歌声(誰も真似出来ないだろう)が使われているものの、俳優が演じるフレディ・マーキュリーを主人公とした「クイーン」の伝記映画である。なので期待と不安が半々だったが、鑑賞後の満足度は非常に高かった。

bohemian2.jpg 両親がペルシャ系インド人で、幼少期をインドで過ごしたフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、最初はメアリー・オースティン(ルーシー・ボイントン)という女の子に恋する、普通の可愛らしい長髪の少年だった。だが次第に男っぽさを強調する外見になりゲイ化してゆく。彼はずっと両性愛者だったと言われている。大学でデザインを専攻していたので衣裳へのこだわりも強かった。そんな彼の心身の変化や葛藤、音楽スタイルの変化が手に取るように観客に伝わるのは、ストーリー性のある映画ならではだろう。

bohemian3.jpg 全員が作詞・作曲が出来て幾つもの楽器をこなし歌える芸達者で、ぶつかることも多かったからこそ、作品の完成度も高かった。特にタイトルにもなっている“ロック・オペラ”「ボヘミアン・ラプソディ」の録音シーンは、若さゆえの妥協しない姿、制作への熱意、ハチャメチャな勢いがユーモアたっぷりに描かれていて笑わせてくれる。ギタリストのブライアン・メイ(グウィリム・リー)、ドラマーのロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)、ベーシストのジョン・ディーコン(ジョー・マッゼロ)と、フレディの波長が次第に合わなくなっていくのが悲しい。

1985年に開催された20世紀最大のチャリティ音楽イベント“ライヴ・エイド”のシーンは圧巻で、衣装も一部は当時の本物が使われており、メンバーになり切った俳優たちの全身全霊のパフォーマンスに、胸が熱くなる。本作の音楽総指揮は、現在も「クイーン」として精力的に活動しているブライアン・メイとロジャー・テイラー。これ以上の「クイーン」映画はないだろう。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)





posted by 象のロケット at 20:09| 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。