2018年05月06日

『モリーズ・ゲーム』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 米 (140 min)
【監督】アーロン・ソーキン
【出演者】
ジェシカ・チャステイン(ゼロ・ダーク・サーティ、オデッセイ、インターステラー、テイク・シェルター)
イドリス・エルバ(パシフィック・リム、マンデラ 自由への長い道、ダークタワー、テイカーズ )
ケヴィン・コスナー(13デイズ、ラブ・オブ・ザ・ゲーム、Mr.ブルックス〜完璧なる殺人鬼〜、アンタッチャブル)
マイケル・セラ、ジェレミー・ストロング、クリス・オダウド、ビル・キャンプ
【あらすじ】アメリカのコロラド大学を首席で卒業した女性モリー・ブルームが思い描いていたのは、冬季オリンピックのモーグル競技で金メダルを獲得し、法科大学院を卒業して会社を設立するという人生設計。 ところが、怪我で競技を断念した彼女は、ひょんなことからセレブたちが集うポーカールームの経営者となる…。 実話から生まれたクライム・サスペンス。
原作:モリー・ブルーム

『モリーズ・ゲーム』象のロケット
『モリーズ・ゲーム』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017 MG's Game,Inc. All rights reserved.


molly1.jpg 【解説と感想】飲む(酒)・打つ(ギャンブル)・買う(女)は男の甲斐性と言うが、破滅させるのもこの3つ。多少の嗜みは「文化」とも言えるが、昔も今も歯止めが利かなくなる人は多く、近年は「依存症」という病名まで付き治療の対象となっている。日本の大会社の役員がカジノで数十億円擦ったというニュースを覚えておられるだろうか。先日カジノ法案が成立し、日本でもリゾート型カジノが作られることになった。レジャー施設で遊ぶだけのつもりだったのに、ついつい賭けにハマってしまったということのないよう気をつけたい。

molly2.JPG さて本作の主人公は、トップアスリートから高額ポーカールームの経営者となり、一大スキャンダルを巻き起こした、実在(1978〜)のアメリカ人女性モリー・ブルーム(ジェシカ・チャスティン)。

今までこの女優にはあまり興味がなかったが、本作を見て、多用されている理由がやっと解かった気がした。大学時代のモリーは、前途有望なモーグル選手としてのオーラを放ち、なおかつ厳格な父親(ケヴィン・コスナー)との関係に悩む優秀な学生だった(若い!)。その後、ポーカー・ゲームのサロンの雑用係となり、徐々に洗練されていく。26歳でポーカークラブを経営するようになってからは、場を取り仕切る美貌の経営者としての貫禄十分。見た目も立場も変わっていくが、どんなモリーをも彼女は魅力的に演じていた。

molly3.jpg ハリウッドスターや映画監督、スポーツ選手、ミュージシャン、実業家ら富裕層がずらりと顧客リストに並び、最低の掛け金は1万ドル(約100万円)。オーナーの招待がなければ入室出来ない。一見さんお断りなのも、金がかかることも、口の堅さが求められるのも、枕営業をしないのも、高級クラブと同じ。ポーカーのシーンはスリリングで、ギャンブラー(マイケル・セラ)らの表情に惹き付けられる。莫大な金が動く場を提供してはいるが、モリーは大事な常連客を一文無しにすることまでは望んでいなかった。ほどほどに楽しんで金を落として欲しかったのだろうが、掛け金によっては金持ちでさえ破産するのがギャンブルの怖さである。

molly4.jpg モリーの裁判を引き受けた弁護士(イドリス・エルバ)とのやり取りで、モリーの性格や信条が浮かび上がってくる(原作はモリーの回想録だが…)。モリーが終盤で父親と顔を合わせるシーンには、ちょっとグッとくるものがあった。浮き沈みの激しい人生を送ってきたモリーだが、現時点で40歳。これからまだ幾波乱もあるかもしれない。何度でも這い上がる女性のガッツを感じる半生記。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
posted by 象のロケット at 18:53| 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする