2018年01月22日

『ミッドナイト・バス』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 日 (157 min)
【監督】竹下昌男(ジャンプ)
【出演者】
原田泰造(ジャンプ、古畑中学生 古畑任三郎、生涯最初の事件、奥さまは魔女、アントキノイノチ)
山本未來(花影、日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 第一夜、不夜城、エクステ)
小西真奈美(のんちゃん のり弁、いぬのえいが、阿弥陀堂だより、天使の卵)
葵わかな、七瀬公、長塚京三、遠藤雄弥
【あらすじ】故郷・新潟にUターンし、新潟〜東京間を走る長距離深夜バスの運転士をしている高宮利一。 彼には東京で定食屋を営む長年の恋人・志穂がいた。 ある日、16年前に離婚した妻・美雪と偶然再会する。 彼女は入院中の実父のため、時々帰省しているのだという。 自分たちを捨てた母親と関わることに、息子・怜司と娘・彩菜は反発するが…。 ヒューマンドラマ。
原作:伊吹有喜

『ミッドナイト・バス』象のロケット
『ミッドナイト・バス』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社

midnight1.jpg 【解説と感想】都市と地方をダイレクトに結ぶ高速バスは、飛行機や新幹線に比べて時間はかかるが、安いし便利だ。寝ているうちに目的地に着く便だと、朝から行動することができる。窮屈で足がむくんだ昔と違い、今は定員を絞って広々と快適な座席を取り入れたバスも出ている。高速バスの事故が相次いだために労働環境も改善されつつあるというが、それでも長距離の運転は大変だろう。

本作の主人公は、新潟〜東京間を走る長距離深夜バスの運転士・高宮利一(原田泰造)。彼には長い付き合いになる、東京で定食屋を営む志穂(小西真奈美)という恋人がいる。男手ひとつで育てた2人の子どもも手を離れ、ようやく再婚を考え始めたが、それどころではない状況に陥ってしまう。

midnight2.jpg 息子・玲司(七瀬公)は、東京の会社を辞め家に帰って来たが仕事を探しているようには見えないし、娘・彩菜(葵わかな:朝ドラ「わろてんか」のヒロイン)は、副業のご当地アイドル業と結婚の間で揺れている。離婚して16年になる元妻・美雪(山本未來)は、父親(長塚京三)の入院で疲れ果てている。彼らを心配し時間を取られ、志穂との仲もギクシャクしてしまった。

midnight3.jpg 利一は彼らの悩みを聞き流してもいいのである。子どもらは既に成人しているのだし、元妻の家庭問題に関わる義理はない。しかし、そう簡単に割り切れないタイプの人もいる。そんな面倒見が良く包容力のある中年男に、原田泰造がはまりすぎるほどはまっている。彼はお笑いトリオ・ネプチューンのメンバーだということを忘れてしまうほど、ドラマや映画で活躍中。ごく普通の人を演じるのも上手いし、独特の存在感がある。本作出演のために大型自動車免許を取得し、関越自動車道を運転したのだとか。運転士姿も様になっていた。

新潟では一家の主、バスの中では乗客の命を預かる運転手、東京では志穂の恋人である利一は、「トンネルを抜けると男で、戻ると父親」という生活をずっと続けてきた。独身同士でも、結婚のタイミングを掴めないカップルもいる。利一と志穂が再婚するのかどうかが、非常に気になる。

midnight4.jpg 紆余曲折はあるが、この物語に悪人は登場しない。父親と息子、母親と娘は、性格がそっくりだ。離婚しても切れない家族の縁や情というものを、これでもかというほど丁寧に描いている。恋愛、結婚、離婚、再婚、浮気、認知症、介護、嫁・姑の確執、田舎の実家への責任、就職、過重労働等、三世代が直面する危機がふんだんに盛り込まれたヒューマンドラマ。雪景色が郷愁を誘う。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 21:03| 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする