2017年11月19日

『モーツァルト ≪魔笛≫ METライブビューイング』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 米 (225(休憩1回) min)
【出演者】
ルネ・パーペ(ワーグナー ≪トリスタンとイゾルデ≫ 新演出 METライブビューイング  ヴェルディ ≪マクベス≫ METライブビューイング)
マルクス・ヴェルバ
キャスリン・ルイック
ゴルダ・シュルツ、チャールズ・カストロノヴォ、クリスチャン・ヴァン・ホーン
【あらすじ】 王子タミーノは、夜の女王から悪魔ザラストロにさらわれた娘パミーナを助け出すよう頼まれる。 パミーナの肖像画を見て一目惚れしたタミーノは、女王から「魔法の笛」をもらい、鳥刺しのパパゲーノと共に救出に向かう。 しかし、実はザラストロは「光の世界」を支配する徳の高い人物だった…。 METライブビューイング2017-2018シーズン第2作。 MET2017年10月14日公演のスクリーン上映。 ドイツ語(日本語字幕付き)。
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ジュリー・テイモア

『モーツァルト ≪魔笛≫ METライブビューイング』象のロケット
『モーツァルト ≪魔笛≫ METライブビューイング』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)Richard Termine/Marty Sohl/Ken Howard/Cory Weaver/Metropolitan Opera All rights reserved.

mateki1.jpg 【解説と感想】本作「魔笛」はモーツァルト最後のオペラ。謎の秘密結社「フリーメイソン」の儀式や思想が反映されているとか、「魔笛」を書いたからモーツァルトは殺されたのだとか、信じられないような噂まである。「フリーメイソン」がどんな団体なのか、「ボーイスカウト」や「ロータリークラブ」とどこが違うのか私には分からないが、確かにストーリーは謎めいている。しかし、先入観を捨て去れば、華やかで楽しい大人のメルヘンである。

王子タミーノは、夜の女王から悪魔ザラストロにさらわれた娘パミーナを助け出すよう頼まれる。パミーナの肖像画を見せられて一目惚れしたタミーノは、女王から「魔法の笛」をもらい、ノー天気な鳥刺しの男パパゲーノをお供に救出に向かう。しかし、実はザラストロは「光の世界」を支配する有徳者だった。パミーナと結ばれるために、タミーノは数々の試練を受けるのである。この試練が、「自由・平等・寛容」を標榜する団体「フリーメイソン」の奥義と関係があるのかもしれない。

mateki3.jpg 一応、主役は王子タミーノ(チャールズ・カストロノヴォ:テノール)、ヒロインは王女パミーナ(ゴルダ・シュルツ:ソプラノ)で、若いカップルの恋物語&救出劇である。しかし、夜の女王(キャスリン・ルイック:コロラトゥーラ・ソプラノ)の存在感はあまりにも大きい。夜の女王のアリア『復讐の炎は地獄のように我が心に燃え』は、娘パミーナに「あんたが極悪人ザラストロ(ルネ・パーペ:バス)を殺さないなら、もう親子の縁を切るわよ!」 と命令するヒステリックな歌詞なのだが、脳天突き抜けるほど高音(へ音)の超絶技巧が素晴らしすぎて「はいっ、何でも言うこと聞きます!」と、ひれ伏したくなる。1幕と2幕と合わせても十数分間しか登場しないのに、観客の心に魔法をかけて全て奪い去ってしまう。巨大な羽が広がる衣装は、まるで紅白歌合戦の小林幸子のようで貫禄十分。漆黒の女王様だ。
mateki4.jpg
一方、鳥刺し(鳥捕獲業者)のパパゲーノ(マルクス・ヴェルバ:バリトン)は道化役。「俺は鳥刺し」と歌うアリアはユーモラスで、場の雰囲気が一気に和む。浅知恵のパパゲーノと彼の花嫁候補パパゲーナとのやり取りは可笑しくて、笑いどころだ。彼の存在感も大きくて、もう一人の主役と言えるだろう。


一応、舞台は古代エジプトらしいが無国籍風。遠い国から来たタミーノの衣装はモンゴルの騎馬民族風で、彼が大蛇に襲われる場面は中国の京劇のよう。
mateki2.JPG ザラストロはイシスとオシリス(エジプトの神)に仕える神官。夜の女王はクレオパトラのイメージだろうか。パパゲーノの緑の衣装は中世ヨーロッパのメルヘン風だし、ウィーン少年合唱団のような少年たちはキリスト教の天使に見える。ただしメークが奇抜で、誰の顔もよく分からな〜い! 演出は「ライオンキング」を手掛けたジュリー・テイモア。黒子が操る動物は可愛くて面白い。舞台装置も衣裳も相当お金がかかっている。出演するのは名だたるスター歌手だし、「収益はとても製作費に満ち足りませんから寄付をお願いします。」と毎回言っているのも頷ける。指揮者はMETに君臨する音楽監督ジェイムズ・レヴァイン。オーケストラにも序曲から聴き惚れてしまう。

親離れの時期が来た世間知らずの王女と、旅に出て真の強さと徳を身に着ける王子の冒険ラブ・ストーリー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 20:49| 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする