2017年11月01日

『ジグソウ:ソウ・レガシー』お薦め映画

★★★★ 2017年製作 米・カナダ (92 min)
【監督】ピーター・スピリエッグ、マイケル・スピリエッグ(デイブレイカー)
【出演者】
マット・パスモア
カラム・キース・レニー(ブルーに生まれついて、天才スピヴェット、X-ファイル:真実を求めて、バタフライ・エフェクト)
クレ・ベネット(スティール)
ハンナ・エミリー・アンダーソン、ローラ・ヴァンダーヴォート、マンデラ・ヴァン・ピープルズ、ポール・ブラウンスタイン
【あらすじ】“さあゲームをしよう、お前たちは嘘をついてきた 罪を告白せよ、真実のみがお前らを自由にする 生きるか死ぬか、お前たち次第だ” 鎖に繋がれた5人の男女は、ゲーム開始を告げられる。 一方、刑事のハロランとキース、検視官のローガンとエレノアは、10年前に死んだはずの連続殺人犯ジグソウそっくりの手口で殺された死体を目にする…。 大ヒットショッキング・スリラー第8弾


『ジグソウ:ソウ・レガシー』象のロケット
『ジグソウ:ソウ・レガシー』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All rights reserved.
Photo credit: Brooke Palmer


jigsaw1.jpg 【解説と感想】近年、長すぎるタイトルの映画や本が多いなか、サイコスリラーの大御所「ソウ」シリーズは「ソウ」、「ソウ2」〜「ソウ6」と、サッパリ短い。「ソウ」という言葉に「SAWのこぎり(犯人が好んで使用する凶器)」「SAW見た(いつも誰かが全てを見ていた!)」「JIGSAWジグソウ(カリスマ殺人鬼ジョン・クレイマーの通称)」、その他いくつもの意味が込められているという。前作は「ソウ ザ・ファイナル 3D」で、ようやく完結したと思ったのに、新作は「ジグソウ:ソウ・レガシー」というタイトル。「ラスト」や「ファイナル」の後、早々に「ゼロ」や「ファースト」が来る時代の流れに、「ソウ」も乗っかっちゃったのだろうか。まだまだ続きソウ…。

毎度、数人の男女が知らぬ間に拉致され目覚めたらなぜか監禁されていて、ゲームに勝たないと死ぬよっと、ブサイクな人形に脅される。今回も男3人と女2人がバケツを被せられ、鎖に繋がれている。ワンパターンだが、殺し方が残忍で凶器もマニアックだし、犯人ジグソウの手下が誰なのかを探す楽しみがあるし、何より欠かさず見に行くコアなファンがいるからこそ続いて来たのだろう。劇中でも「ジグソウ信奉者」が多いと自画自賛している。

jigsaw2.jpg ソウ好きな人は、1:変態。2:拷問道具マニア。3:サド。4:忍者部屋のようなカラクリもの好き。5:パニック状態の人間を観察するのが大好き。6:悪を成敗したい人。7:正義の味方。8:スプラッタ殺人好き。9:謎解き好き…と、いろいろ考えられる。もちろん7の私は、ジグソウを演じている俳優トビン・ベルの顔が大好きだ。あのモグモグした口元に見とれてしまう。まるで聖職者のように崇高な顔つきで、心から懺悔し「これから一生、世のため人のために尽くします!」と約束すれば、許してくれそうな気がしてくる。

ソウ、そこが面白いのだ。ワケの分からない気持ち悪いホラーなんか見たくないよと思う人も、ジグソウには多少共感できるかもしれない。なぜなら、被害者はみな何かしらの罪を犯しているのに加害者だという自覚がなく、その罰をまだ受けていないのだから。彼らを「天に変わってお仕置きよっ!」と拷問してくれるのが、必殺仕事人ジグソウなのである。

しかし、「ソウ」シリーズの殺し方は凄まじい。今回一番強烈だったのはラストシーン。見てからだいぶ経っているのに、切り口がアップになった光景が目に焼き付いて離れない。水族館に似た生物がいて、ウッヒャーだ! 鑑賞後、寿司屋はやめた方がいいと思う。そもそも流血が苦手な方は見に行かないだろうが、念のため。

多少そのえげつなさに慣れてきたせいか、ジグソウが閻魔(エンマ)様(死者が生前に犯した罪を全て知っていて、地獄へ落とすか否かを判断する冥界の王)のようにも感じられて、ちょっと楽しくなってしまう。
謎解きしながら進むストーリーの運びはスムーズで、ゲームの駆け引きや、縛られた男女が恐れおののく表情もいい、裁決方法にも異論なし、殺人装置や小道具も凝っている。被害者然とした罪人に阿鼻叫喚の天誅を下す、ソリッド・シチュエーション・スリラー第8弾。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
 
posted by 象のロケット at 20:00| 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする