2017年06月18日

『ハクソー・リッジ』お薦め映画

★★★★★ 2016年製作 米・オーストラリア (139 min)
【監督】メル・ギブソン(ブレイブハート、パッション、顔のない天使)
【出演者】
アンドリュー・ガーフィールド(アメイジング・スパイダーマン2、沈黙 サイレンス、アメイジング・スパイダーマン、ドリーム ホーム 99%を操る男たち)
サム・ワーシントン(アバター、タイタンの戦い、崖っぷちの男、ターミネーター4)
ルーク・ブレイシー(X-ミッション、スパイ・レジェンド、かけがえのない人、G.I.ジョー バック2リベンジ)
テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、レイチェル・グリフィス、ヴィンス・ヴォーン
【あらすじ】第二次世界大戦中のアメリカ。 青年デズモンドは陸軍に志願するが、訓練中も銃に触れることを断固として拒絶する。 宗教上の理由から「生涯、武器には触らない」と、固く心に誓っていたのだ。 そんな彼も、沖縄の激戦地「ハクソー・リッジ」へ赴任することに…。 実話から生まれた戦争ドラマ。 ≪戦争は命を奪うが、僕は、命を救う―。≫

『ハクソー・リッジ』象のロケット
『ハクソー・リッジ』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016. All Rights Reserved.

hacksaw1.jpg 【解説と感想】日本国憲法、中でも憲法9条を変えようという動きは以前からあるが、最近は特に自衛隊をどう明記するのかが問題となっている。平和外交を進めたくても穏便な交渉が出来ない国もあるし、今の国際状況を考えれば心配の種は尽きない。だが、改憲派と護憲派の意見はそれぞれが更に分かれていて、単純な二者択一ができなくなっている。

本作は第二次世界大戦中の沖縄(1945年)で、実際に起こった出来事を元に作られたアメリカ映画だ。主人公の青年デズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)は、志願兵でありながら武器を持つことすら拒否した実在の人物である。ならば最初から志願などしなければいいのにと思うが、当時は健康な若者なら戦地を目指すのが当然だった。志願することで愛国心を示したかったのだろう。

hacksaw2.jpg 彼が戦いを拒否した理由のひとつに、第一次世界大戦(1914〜18)から生還した父親(ヒューゴ・ウィーヴィング)が、今でいうPTSD(心的外傷後ストレス障害)で、酒に溺れ暴力的になっていたことが挙げられる。もうひとつは、彼が熱心なセブンスデー・アドベンチスト教団(キリスト教の一派で菜食を推奨)の信者だったこと。デズモンドは聖書の「殺すなかれ」という言葉に忠実に従ったのだ。

「良心的兵役拒否」は、宗教その他の思想信条によって徴兵されても戦場へ行かないことを指し、当時のアメリカでも一応認められていた。「良心的兵役拒否」が容認されている国では、兵役に就く代わりに奉仕作業などが課せられるという。しかし、現在でも「良心的兵役拒否」が認められていない国もある。「臆病者」「信仰家」「平和主義者」と呼ばれるならまだしも、「反政府主義者」と見なされると面倒なことになる。

hacksaw3.jpg デズモンドは「良心的兵役拒否者」ではなく、あくまでも志願兵。戦うことは拒否しても、衛生兵として戦場へ赴き負傷者の命を救いたいと願った。それが敵と殺し合う仲間が別にいてこそ成り立つ職務であるにせよだ。もちろん、上官の大尉(サム・ワーシントン)や、軍曹(ヴィンス・ヴォーン)からは除隊を勧告され、同僚(ルーク・ブレイシー)たちからはいじめを受ける。アンドリュー・ガーフィールドは、今年公開された「沈黙 サイレンス」で鎖国時代に来日した宣教師を演じた。まだそれが目に焼き付いているせいもあり、デズモンドが神父や殉教者のように見えてきた。

hacksaw4.jpg ハクソー・リッジ(沖縄の前田高地)の戦闘シーンは壮絶で、日米両国の兵士の肉片や血が飛び散り、焼け焦げる惨状がリアルに描かれる。原則として衛生兵は殺さないというルールはあるものの、雨あられのような銃弾に当たれば死ぬ。デズモンドの働きぶりが山場となっており、敵と味方がひたすら殺し合う戦場で、信仰に支えられた青年の信念が発揮される。戦争など起こらない方がいいに決まっているが、イザという時に自分がどんな立場や役割を選択するのか、鑑賞後にしばし考えたくなる戦争ドラマ。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
posted by 象のロケット at 11:54| Comment(0) | TrackBack(7) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハクソー・リッジ
Excerpt: 第二次世界大戦中のアメリカ。 青年デズモンドは陸軍に志願するが、訓練中も銃に触れることを断固として拒絶する。 宗教上の理由から「生涯、武器には触らない」と、固く心に誓っていたのだ。 そんな彼も、沖縄の..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-06-18 12:50

[映画『ハクソー・リッジ』を観た]
Excerpt: ☆・・・イーストウッドにアフレック、スタローンと、俳優でありつつ監督として傑出した作品を残している才人は多い。  メル・ギブソンもその1人。  鑑賞前、とても高揚して赴いた! ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2017-06-25 08:16

映画:ハクソーリッジ HACKSAW RIDGE 1.はじめに信念があり、2.試練があって、3.ヒトは大きな成果を出す、な好事例。
Excerpt: メル・ギブソンと言えば… 演技は勿論、監督になっても「やや?かなり?エキセントリック」 なので、気になっちゃう点が、× 3つ も!(笑) その1. 監..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2017-06-28 00:31

「ハクソー・リッジ」
Excerpt: 銃を持たずに、人を助けることで、彼は戦った。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2017-06-28 06:55

映画「ハクソー・リッジ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt: 映画 『ハクソー・リッジ(字幕版)』(公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、★★☆☆☆(最高5つ星で2つ)。100点満点なら40点にします。 ざっくりストーリー..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2017-06-28 11:36

『ハクソー・リッジ』のウソとマコト
Excerpt:  【ネタバレ注意】  デズモンド・ドス上等兵が、日本軍との戦争のさなかに日本兵を助けたのは本当なのだろうか?  戦争映画は幾つも観たが、戦闘シーンで涙が止まらない映画ははじめてだった。 ..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2017-07-05 00:49

ハクソー・リッジ
Excerpt:  『ハクソー・リッジ』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞や主演男優賞などにノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「真実の物語..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-07-05 22:10