2017年02月11日

『ラ・ラ・ランド』お薦め映画

★★★★★ 2016年製作 米 (128 min)
【監督】デイミアン・チャゼル(セッション)
【出演者】
ライアン・ゴズリング(ナイスガイズ!、ラースとその彼女、ブルーバレンタイン、スーパー・チューズデー 正義を売った日
エマ・ストーン(ヘルプ 心がつなぐストーリー、アメイジング・スパイダーマン2、アメイジング・スパイダーマン、L.A. ギャング ストーリー)
ジョン・レジェンド、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、カリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ
【あらすじ】 夢追い人が集まる街アメリカ・ロサンゼルス。 映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指しているが、オーディションに落ちてばかりだった。 ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾く青年セブことセバスチャンと出会う。 彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。 恋に落ちた二人は互いの夢を応援し合うが、徐々に気持ちがすれ違っていく…。 ミュージカル。

『ラ・ラ・ランド』象のロケット
『ラ・ラ・ランド』作品を観た感想TB

画像Copyright:(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.

lalaland1.jpg 【解説と感想】長年の夢が叶い、愛する家族がいて、健康で、豊かで、毎日が充実していたら、こんな幸せなことはない。幸せの基準は人それぞれでも、最初からずっと満点だったという人は少ないだろう。ほとんどの人が何らかの妥協をして生きている。私にも捨てた夢や希望はあるが、今は幸せ基準点を少し低めに設定し、満足ではないが十分幸せだと思うことにしている。年と共に、夢や幸せの形は変わっていく。

lalaland2.jpg 本作の主人公は、売れない男性ジャズピアニストのセブことセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と、売れない女優のミア(エマ・ストーン)。共にアメリカ・ロサンゼルスで夢を追いかけているが、なかなか芽が出ない。生活のため、セブはバーで好きでもない曲を演奏し、ミアは映画スタジオ内カフェの店員をしている。恋に落ちた二人は一緒に暮らし始め、互いの夢を応援し合う。彼らの表情は輝いていて幸せそうだ。しかしまだ若いので、それだけでは満足できずにいる。

lalaland4.jpg 冒頭の、高速道路で大勢のダンサーがエネルギッシュに歌って踊るシーンには圧倒される。どうやって撮影したのかと、いちいち指差したくなるほど凄い! 目まぐるしく変わるカラフルな衣装やセットには、レトロな雰囲気が漂う。ブロードウェイのミュージカルにも出演しているエマ・ストーンと違い、ライアン・ゴズリングは歌とダンスを、そしてジャズピアノを吹き替えなしで演奏するために、大特訓したのだという。二人にどこまで素養があったのかはわからないが、ミュージカル映画として十分楽しめたし、ピアノやバンドの演奏も良かった。セブとミアが初めて心を通わせるのは、夕暮れ時の見晴らしの良い高台で、そこで歌って踊るシーンはロマンティックだ。

lalaland3.jpg 世の中まだまだ完全な男女平等社会ではない。男性は一家の大黒柱という概念に縛られ、夢を途中で諦め手堅い職に就く人も多い。そして女性は仕事を持っていてもいなくても、男の成功を支えなくてはならないのではと思ってしまいがちだ。セブも二人の将来を考え、一種の妥協をしてしまう。それは女性にとって、嬉しくもあり悲しくもある決断だ。ミアはセブに好きな音楽をやって欲しかったし、自身の女優への夢も諦めきれないでいる。二人の夢は、愛は、どうなるのか…?

lalaland5.jpg ミュージカルという所に目が行くけれど、この作品の一番の売りは、やはりストーリーだろう。映画ならではのファンタジックな見せ場が終盤に待っている。二人が見つめ合うシーンがたまらない! 本作がハッピーエンドなのか否かは、見る人次第である。若い方は夢を諦めず頑張ろうと心を新たにするかもしれないし、年配の方は昔を思い出すかもしれない。人生において、いったいどこが幸せの頂点なのだろう? 今そばにいる人を大切にしたくなる、甘くて苦いラブ・ストーリー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)

 
posted by 象のロケット at 18:44| Comment(0) | TrackBack(7) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ラ・ラ・ランド
Excerpt: 夢追い人が集まる街アメリカ・ロサンゼルス。 映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指しているが、オーディションに落ちてばかりだった。 ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾く青年セブことセバスチャンと..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-02-13 22:28

ラ・ラ・ランド
Excerpt: 『セッション』のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で創り上げたミュージカルです。 昨年から、もう何回予告編を観ただろうと思うほど観たので、ようやく本編に出会えると楽しみ..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2017-02-18 11:54

「ラ・ラ・ランド」これは傑作!素晴らしい!
Excerpt: [ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード  本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示される方もお..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2017-02-21 18:44

映画「ラ・ラ・ランド(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt: 映画 『ラ・ラ・ランド(字幕版』(公式)を 2/24 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら75点にします。 ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2017-02-24 17:34

ラ・ラ・ランド
Excerpt: アカデミー賞14部門ノミネートのミュージカル映画だ。「セッション」のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演で製作した。女優を目指す女性とジャズピアニストを目指す男性の物語で..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2017-02-24 23:24

「ラ・ラ・ランド」(1回目)
Excerpt: うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2017-03-05 22:04

「ラ・ラ・ランド」
Excerpt: 素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はかなり斜に構えていた。元々ミュージカ..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2017-04-20 12:43