2017年01月20日

『沈黙 サイレンス』お薦め映画

★★★★ 2016年製作 メキシコ・台湾・米 (159 min)
【監督】マーティン・スコセッシ(ディパーテッド、ヒューゴの不思議な発明、ウルフ・オブ・ウォールストリート、タクシードライバー)
【出演者】
アンドリュー・ガーフィールド(アメイジング・スパイダーマン2、アメイジング・スパイダーマン、ドリーム ホーム 99%を操る男たち、ソーシャル・ネットワーク)
リーアム・ニーソン(ラン・オールナイト、96時間、レ・ミゼラブル、スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス)
アダム・ドライバー(スター・ウォーズ フォースの覚醒、奇跡の2000マイル、フランシス・ハ、ヤング・アダルト・ニューヨーク)
窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也
【あらすじ】17世紀(江戸時代初期)。 長年、日本で布教活動していたポルトガル人宣教師フェレイラは、幕府の激しいキリシタン弾圧に耐えられず棄教したと噂されていた。 師の安否と真実を確かめるため、弟子の司祭ロドリゴとガルペは、日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 そこでは想像を絶する苛酷な弾圧が行われていた。 囚われたロドリゴは、究極の選択を迫られる…。 歴史ドラマ。
原作:遠藤周作『沈黙』

『沈黙 サイレンス』象のロケット
『沈黙 サイレンス』作品を観た感想TB

画像Copyright(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

silence1.jpg 【解説と感想】20年近く日本でカトリックの布教活動をしていた師である教父フェレイラ(リーアム・ニーソン)の生死と、彼が本当に棄教したのか否かを確かめるため、主人公である若き司祭ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)と、同僚ガルペ(アダム・ドライバー)は、ポルトガルから遠路はるばる長崎へ渡った。時はキリシタン(キリスト教信者)が幕府を敵に回した一揆(ということにされてしまった)「島原の乱(1637〜8年)」から間もない頃で、キリスト教はご法度の時代。2人は隠れキリシタンの里に潜伏するしかなかった。

silence2.jpg カトリック信者である日本人作家・遠藤周作(1923〜1996)が1966年に書いた小説「沈黙」(モデルはいるがフィクション)を、恐らくはカトリック信者であろうアメリカ人監督マーティン・スコセッシ(1942〜)が映画化した。撮影地は台湾だというが、「変な日本人」がいない違和感のない時代劇で、安心して見ていられた。ポルトガル人宣教師をハリウッド俳優が演じ、英語で会話していることについては、…日本人はあまり気にしないだろう。

3人の宣教師の顔は皆、よくあるイエス・キリストの顔に似ている。実際3人は、自らの置かれた状況とイエスの苦難を重ねて困難に耐える。彼らは死を恐れない。殉教は誇らしくさえあるのだ。しかしその先には殉教より辛い試練が待っていた。何人をも受け入れ、罪を赦し、神の愛を説くという信念が揺らぎかねない。やがて、司祭としてあるまじき疑問がロドリゴの頭に浮かぶ。

江戸時代のこととはいえ、世界中のキリスト教徒にすみませんと言いたくなるような拷問シーンだ。西洋諸国の植民地にされないようにと、小さな島国・日本は必至だった。キリシタン禁止と鎖国は幕府にとっては必要なことで、それは政治的には成功したのである。かつては仏教ですら、排斥された時代もあった。今もなお、政治・宗教・経済・戦争は、複雑に絡み合っている。

silence3.jpg 日本人キャストも村人役(塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ、等)まで豪華。能面のような顔をした通訳(浅野忠信)、老獪な井上筑後守(イッセー尾形)、そして日本人側の主役と言えるのが、ロドリゴたちをマカオから長崎まで連れてくる日本人漁師キチジロー(窪塚洋介)。最初から信用できない雰囲気を漂わせていて、ロドリゴたちは懸念する。イエスを裏切った弟子ユダのように、キチジローが自分たちを売るのではないかと。キチジローは迷える子羊、弱き人間の代表だ。窪塚洋介の演技が素晴らしかった。

silence4.jpg 私も純真だった高校時代は「沈黙」を読み、これが真の信仰の姿だと感銘を受けたものだが、世俗にまみれた今読むと、キリスト教が弾圧された政治的背景や、貧しい百姓が天国に憧れた気持ち、日本人全般の宗教観にばかり目が行ってしまう。私は神社・寺院・教会のどこへでも気軽に足を運ぶ、一般的な宗教心の薄い日本人で、熱心に宗教活動をする人の気持ちは分からない。だが「沈黙」はそんな私の心にも響く崇高な文学作品であった。本作を見た後も、その気持ちに変わりはない。映画からは今の社会へのメッセージが伝わってくる。信仰を超えた人としての道が問われる重厚な歴史ドラマ。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)
 
 
posted by 象のロケット at 22:07| Comment(0) | TrackBack(6) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446140441

この記事へのトラックバック

沈黙 -サイレンス-
Excerpt: 【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分監督:マーティン・スコセッシ出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田ヨシ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2017-01-21 23:32

沈黙 −サイレンス−
Excerpt: 重厚な内容だった。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2017-01-22 00:41

沈黙 −サイレンス−
Excerpt: 遠藤周作著『沈黙』をマーティン・スコセッシ監督が映画化した人間ドラマです。 原作は未読ですけど、予告編を観て大変な映画だなあと思っていました。 当時をリアルに伝えてくる映像と、自分の立場に悩む主人公た..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2017-01-22 20:20

沈黙 サイレンス
Excerpt: 17世紀(江戸時代初期)。 長年、日本で布教活動していたポルトガル人宣教師フェレイラは、幕府の激しいキリシタン弾圧に耐えられず棄教したと噂されていた。 師の安否と真実を確かめるため、弟子の司祭ロドリゴ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2017-01-23 08:38

映画「沈黙-サイレンス-(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt: 映画 『沈黙-サイレンス-(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、原作の遠藤周作氏の小説『沈黙』は未読。 ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2017-01-26 21:09

沈黙
Excerpt:  『沈黙−サイレンス−』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その後タイトルが流れて、熱..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2017-01-31 21:42