2015年08月24日

『クーデター』お薦め映画

★★★★ 2015年製作 米 (103 min)
【監督】ジョン・エリック・ドゥードル(デビル)
【出演者】
オーウェン・ウィルソン(ミッドナイト・イン・パリ、エネミー・ライン、ダージリン急行、マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと)
レイク・ベル(ミリオンダラー・アーム、ベガスの恋に勝つルール、恋するベーカリー 別れた夫と恋愛する場合、抱きたいカンケイ)
ピアース・ブロスナン(サバイバー、007/ダイ・アナザー・デイ、テイラー・オブ・パナマ、ダンテズ・ピーク)
スターリング・ジェリンズ、クレア・ギア
【あらすじ】東南アジア某国へのインフラ整備支援事業のため、妻と幼い娘2人を伴い赴任したジャック。 ところがクーデターが勃発し、平和な国は一変。 「外国人を殺す。 捕虜は取らない。 皆殺しだ!」との怒号が響き渡り、政府と外国人をターゲットとした殺戮が開始された。 多くの外国人が滞在していたホテルは、暴徒と化した国民に取り囲まれてしまう。 ジャックは何とか妻子を守ろうとするが…。 サスペンス・アクション。

『クーデター』象のロケット
『クーデター』作品を観た感想TB

画像(C)2015 Coup Pictures, LLC. All rights reserved.

noescape1.jpg 【解説と感想】夏休み、家族で海外旅行に行かれた方も多いことだろう。楽しい思い出づくりになる反面、飛行機事故や、テロ、無差別殺人、またはMERS(マーズ)ウイルスに感染したり、盗難や自然災害に遭ったりなど、旅に危険はつきものだ。

本作の舞台は、東南アジアの某国。アメリカ人ジャック(オーウェン・ウィルソン)は、妻(レイク・ベル)と幼い娘2人を連れ、水道関係の支援事業のため赴任してきた。ところが翌朝クーデターが勃発し、滞在中の外国人の皆殺しが始まる。ジャック一家が泊まっているホテルは外国人客が多いため、暴徒に囲まれてしまう。

noescape2.jpg まず怖いのは、来たばかりの外国人には何が起こったのかサッパリわからないこと。ホテルに英字新聞が届かないのでジャックは市場まで買いに行く。だが、新聞はどこにもなく、街の様子が何だかおかしいことだけが分かる。まだクーデター情報が各方面に伝わっていないためだ。現地の言葉が分からないジャックには、人々が血相を変えて叫んでいる内容も理解できない。英語を話せる人は多いはずだけれど、向こうは全外国人が敵だと思っている。扇動された殺人者たちは、文字通り「皆殺し!」を仕掛けてくる。

とにかく家族を守らなければならない。ジャックは元特殊部隊でもスパイでもなく、ごく普通の会社員。腕力では武器を持った暴徒に敵わないから、逃げるしかない。とはいえ、昨日到着したばかりで道も知らず、どこへ行けばいいのかも分からない。見つかれば即刻殺されてしまう。一家がまず考えたのは、アメリカ大使館を探すことだった。

noescape3.jpg 現地で出会った、妙に馴れ馴れしい胡散臭いアメリカ人男性(ピアース・ブロスナン)は、クーデターは自分たちのせいだと言わんばかり(後で007を思い起こさせるシーンあり)。世界を動かす大国アメリカへの皮肉が込められている。そう言われても支援事業とクーデターの関係を深く考えているヒマはなく、ジャックたちはとにかく逃げる。どこへ行っても襲われる。金髪の白人は目立ってしょうがない。幼い娘たちは可愛いが手がかかる。自分の命に代えても子どもたちを守らなければと、パパとママは通常なら考えられないほどの頑張りを見せてくれる。オーウェン・ウィルソン、本当に優しくてお人好しな普通の父親に見える。他の作品でもお人好しに見えるが、本当はそうじゃないのなら、名演技だ。果たして一家は助かるのだろうか?

雨あられのような銃弾の中、ひたすら隠れ、逃げ続ける。シンプルなストーリーだが、もし海外旅行や海外赴任中にこんなクーデターやテロが起こったらと考えると、ちょっと心配になってくる。殺害はされなくても拘束され、しばらく帰国できないかもしれない。私たちも遭遇する可能性はゼロではない絶体絶命のサバイバル・スリラー。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 
posted by 象のロケット at 21:50| Comment(0) | TrackBack(5) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424730651

この記事へのトラックバック

クーデター
Excerpt: 東南アジア某国へのインフラ整備支援事業のため、妻と幼い娘2人を伴い赴任したジャック。 ところがクーデターが勃発し、平和な国は一変。 「外国人を殺す。 捕虜は取らない。 皆殺しだ!」との怒号が響き渡り、..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2015-08-25 08:04

クーデター
Excerpt: これはハラハラした。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2015-09-06 00:34

クーデター (No Escape)
Excerpt: 監督 ジョン・エリック・ドゥードル 主演 オーウェン・ウィルソン 2015年 アメリカ映画 103分 サスペンス 採点★★★ 政情不安な国での暴動やクーデターのニュースを見ると、生活レベルの面で関わ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2015-09-09 18:22

クーデター
Excerpt:  『クーデター』を新宿バルト9で見ました。 (1)いつもお世話になっている「ふじき78」さんが、そのブログ「ふじき78の死屍累々映画日記」の8月28日の記事で「おもろいから見に行ってほしい」と述べて..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2015-09-18 06:56

[映画][☆☆☆★★]「クーデター」感想
Excerpt:  「デビル」のジョン・エリック・ドゥードル監督、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソン主演。海外赴任先の東南アジアで、クーデターに巻き込まれる家族の逃走劇と描く、アクションスリラー。 ..
Weblog: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
Tracked: 2015-09-26 18:07