2013年10月29日

『いとしきエブリデイ』お薦め映画

★★★★2013年製作 英 (90 min)
【監督】マイケル・ウィンターボトム
【出演者】シャーリー・ヘンダーソン、ジョン・シム、ステファニー・カーク、ロバート・カーク、ショーン・カーク、カトリーナ・カーク、ダレン・ダイ
【あらすじ】イギリス、ノーフォークの小さな村。 朝4時、ステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナの幼い兄妹は、母カレンに起こされる。 今日は服役中の父イアンとの面会日。 バスと電車を乗り継いでの長い道のりだが、面会時間はあっと言う間に終わってしまう。 昼はスーパー、夜はパブで働く忙しいカレンを男友達のエディは気遣い、子どもたちの面倒も見てくれるのだが…。 ヒューマンドラマ。

『いとしきエブリデイ』象のロケット
『いとしきエブリデイ』作品を観た感想TB

画像(C)7 DAYS FILMS LIMITED 2012

everyday1.jpg 【解説と感想】外国の刑務所は日本に比べると拘束がゆるく、部屋も暮らしやすく、面会もしやすいのだと話に聞く。私は刑務所に立ち入ったことがないので分からないが、映画やテレビで見る限りでも、刑務所のシーンは確かにかなり違う。

本作はイギリス映画で、父親イアン(ジョン・シム)が刑務所に服役している一家の物語だ。母親カレン(シャーリー・ヘンダーソン)は、息子2人、娘2人と4人もの幼い子供を抱え、昼はスーパー、夜はパブで働き忙しい。それでもまめに夫が収監されている遠くの刑務所へ、子どもたちを連れて面会に通っている。

everyday4.jpg 時間は限られているが、オープンな面会室が、夫婦の唯一の子育ての場だ。こんなふうに会わせなければ、子どもたちは父親のことを忘れてしまいかねない。他愛のない会話が大事なのだ。夫婦の強い結びつきと、子どもたちのために頑張ろうという気持ち、先の見えない毎日に押し潰れそうなふたりの思いが手に取るように伝わって来る。

父親がどんな罪を犯したのかは不明だが、彼は根っからの悪人ではなく、いいように犯罪に巻き込まれてしまうタイプに見える。刑務所内でも立場が弱くて、ついつい悪い誘いに乗ってしまう。妻はそんな夫の本質を見抜いており、息子たちが将来夫のようになりはしないかと心配している。今も夫を愛しているが、毎日の生活に疲れ、男友達に親切にされるとつい頼りたくなってしまう。そんな彼女を責めることはできないだろう。

4人兄妹を演じているのは、実際にも兄妹である子どもたちだ。4人は実名で出演し、彼らの家や学校も撮影に使われたのだという。演技なのか地なのか、彼らの会話はとても自然だ。次男ショーンが母親に詰問されて泣き出すシーンなどは、あんまり可愛いいので逆に吹き出してしまった。どの子も愛らしい。

everyday3.jpg 父親の帰りを待つ家族の5年間を実際に5年かけて撮影し、子どもたちの成長ぶりと夫婦の本音が、牧歌的な風景の中でまるでドキュメンタリーのように映し出されてゆく。彼らは本物の6人家族にしか見えない。この一家の父親は決して不在ではなく、時間的には短くても、ちゃんと家族と共にいる。一緒に暮らしていても、もっと結びつきの弱い家族はいくらでもいることだろう。

要は何と言っても母親だ。彼女が逃げ出せば一家は崩壊してしまう。一体どこまで頑張れるのだろう? 理解ある男性と再婚して楽になりたいのではないか? 子どもたちにとってもその方がいいのではないか? 夫は出所しても同じ間違いを繰り返すかもしれない。 その時、また許すのか? さまざまな思いが見ている方の胸を去来する。しかし、今後どんなことが起こっても、この夫婦は父親と母親としての役目は放棄しないだろうし、子どもたちは両親の愛情を信じて、真っ直ぐ育って行けるような気がする。

everyday2.jpg 離れていても家族がいることの大切さ、愛する者と一緒に過ごす時間の有り難さ、ありふれた毎日の素晴らしさを教えてくれる、抒情的な家族のドラマ。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)




 
posted by 象のロケット at 19:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378876331

この記事へのトラックバック

いとしきエブリデイ
Excerpt: イギリス、ノーフォークの小さな村。 朝4時、ステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナの幼い兄妹は、母カレンに起こされる。 今日は服役中の父イアンとの面会日。 バスと電車を乗り継いでの長い道のりだが..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2013-10-30 00:39

映画「いとしきエブリデイ」でも、いとしくは感じられなかった
Excerpt: 映画「いとしきエブリデイ」★★★ シャーリー・ヘンダーソン、ジョン・シム、 ショーン・カーク、ロバート・カーク、 カトリーナ・カーク、ステファニー・カーク出演 マイケル・ウィンターボトム監督 90分..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-12-07 13:29