2013年09月29日

『42 世界を変えた男』お薦め映画

★★★★ 2013年製作 米 (128 min)
【監督】ブライアン・ヘルゲランド
【出演者】チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ、アンドレ・ホランド、ルーカス・ブラック、ハミッシュ・リンクレーター
【あらすじ】1947年、アメリカ。 大リーグの野球球団ブルックリン・ドジャーズのオーナー、ブランチ・リッキーは、周囲の反対を押し切って黒人のジャッキー・ロビンソンと契約する。 背番号は「42」。 彼は当時、白人選手だけで構成されていた400人のメジャーリーガーの中でたった一人の、そして初めての黒人選手だった。 チームメイトはジャッキーを拒否する嘆願書を作り、野球ファンからは脅迫状が山のように届くのだが…。 実在のメジャーリーガーの物語。

『42 世界を変えた男』象のロケット
『42 世界を変えた男』作品を観た感想TB

画像(C)2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC. All Rights Reserved

42-1.JPG 【解説と感想】テレビドラマ「半沢直樹」のキメ台詞「倍返し!」が流行語となった。サラリーマン社会は忍耐の連続だし、世の中には腹立たしいことがあふれている。自分より大きな相手に立ち向かう半沢直樹の活躍は、なかなか「やられたら、やり返す!」ことができないでいる多くの視聴者の溜飲を下げ、大ヒットとなった。私はというと「やられている」ことにすら気づかないのんき者で、せっかくの「倍返し」の機会を多々逃している。

大昔から「目には目を、歯には歯を」、そして「左の頬を打たれたら、右の頬も差し出しなさい。」という言葉がある。解釈には諸説あるが、前者は「同じだけの報いが来る」という意味で、後者は復讐を諌めるものだと言われている。やり返せばスッキリするかもしれないが、仕返しばかりしていたら社会は崩壊してしまうし、サイテーの相手と同レベルの人間になるのはもっと悔しい。

42-2.jpg さて、本作は第二次世界大戦後まもない1947年、近代メジャーリーグで初の黒人選手となった背番号「42」ジャッキー・ロビンソン(1919〜1972年)の物語だ。ブルックリン・ドジャーズのオーナー、ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)が、黒人のジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)と契約したのは、純粋にチーム強化のため。やがて身体能力の高い黒人選手が球界を引っ張っていく時代が来ると確信したのだ。

「どんな嫌がらせを受けても“やり返さない勇気”を持て。奴らのレベルで戦ってはならん。」と、ジャッキーにアドバイスし励まし続けたリッキー。彼には第二次大戦後のアメリカを世界的視野から見る目と、一企業のトップを超えた経営者としての器量があった。白人至上主義ではもうやっていけない時代が来ていた。球界全体のレベルアップと有色人種の人気を得ることは確実に観客増員に結びつく。黒人選手の登用は自分が博愛主義者だからではなく、球団や球界の利益のためなのだとはっきり言えば言うほど、逆に彼が人格者に見えてくる。

42-3.JPG リッキーに公民権運動をしている気は全くなかっただろうが、社会活動はこういう見えない形で行うのが理想だし、ボランティアの世界でも応急処置の後は自立への支援が常識となりつつある。リッキーならスラム街に大金を寄付することも出来たかもしれないが、彼は黒人の野球少年たちに希望と夢、白人と対等に勝負するチャンスを提供したのだ。彼の決断は有色人種の大リーグへの流入に繋がり、ジャッキーの活躍への敬意が、徐々に他の職業でも感情的差別撤廃を促したことは間違いない。ひいては黒人層の所得増加にもつながったことだろう。つまり、まずは「42」をスカウトしたリッキーが“世界を変えた男”だったのだ。

もちろん「42」ジャッキーへの風当たりは強かった。当時の黒人差別の様子と彼がどんな扱いを受けたかは、スクリーンで確認して頂きたい。しかし、ビジネス上で「やり返す!」半沢直樹と同じく、ジャッキーの「倍返し!」はあくまでもグラウンドで。「やり返さない勇気」とは、ただじっと我慢していることを指すのではない。直接的な仕返しをする必要がなくなるくらい自分が強くなって、レベルの低い相手に間接的に勝利するまで頑張り続けることなのである。最終的には全てを水に流し「手打ち(仲直り)」をするのが理想だが、そこまでに至るには両者にハイレベルな勇気が必要なのは言うまでもない。

42-4.JPG あらすじ3行でだいたい分かるほど、ストレートな内容である。しかし変化球ばかりより、たまには直球もいい。わかりやすくて胸を打つ、子どもたちにも是非見せたい、勇気あるメジャーリーガーの物語。お薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)




 
posted by 象のロケット at 15:21| Comment(0) | TrackBack(9) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376108176

この記事へのトラックバック

42 世界を変えた男
Excerpt: 1947年、アメリカ。 大リーグの野球球団ブルックリン・ドジャーズのオーナー、ブランチ・リッキーは、周囲の反対を押し切って黒人のジャッキー・ロビンソンと契約する。 背番号は「42」。 彼は当時、白人選..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2013-09-30 16:28

映画:42 世界を変えた男 ハリウッド製の野球映画には、ほとんどハズレがない、を再確認。
Excerpt: ハリウッド製の野球映画には、ほとんどハズレがない(という認識) 「フィールド・オブ・ドリームス」「ナチュラル」、コメディでは「メジャーリーグ」、最近では「マネーボール」「人生の特等席」などなど傑作..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2013-10-29 06:17

42〜世界を変えた男〜
Excerpt: ハリウッドのメジャーリーグ物って見応えあるわ〜。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2013-11-03 02:05

42〜世界を変えた男〜
Excerpt: 【42】 2013/11/01公開 アメリカ 128分監督:ブライアン・ヘルゲランド出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ、アンドレ・ホラ..
Weblog: ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
Tracked: 2013-11-03 17:51

42〜世界を変えた男〜
Excerpt: 監督:ブライアン・ヘルゲランド 出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、ニコール・ベハーリー、クリストファー・メローニ 【解説】 黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの伝記..
Weblog: タケヤと愉快な仲間達
Tracked: 2013-11-03 20:59

映画「42〜世界を変えた男〜」全球団の永久欠番
Excerpt: 映画「42〜世界を変えた男〜」★★★★ チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、 ニコール・べハーリー、クリストファー・メローニ  アンドレ・ホランド出演 ブライアン・ヘルゲランド監督 12..
Weblog: soramove
Tracked: 2013-11-25 23:06

「42 〜世界を変えた男〜」
Excerpt: アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンを描いた伝
Weblog: セレンディピティ ダイアリー
Tracked: 2013-11-27 07:44

「42 世界を変えた男」みた。
Excerpt: メジャーリーグで年に一度、全員が試合で背番号「42」をつけていることは知っていて、その都度「ジャッキー・ロビンソン」の名は耳にしていたのだけど、何故彼がそこまで讃えられているのかまでは、これまで気にし..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2013-11-28 16:33

42〜世界を変えた男〜
Excerpt: ★★★★ 製作:2013年米国 上映時間:128分 監督:ブライアン・ヘルゲランド  黒人で初めてメジャーリーガーになったジャッキー・ロビンソンの伝記ドラマである。当時メジャーリーグは白人の世界だった..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2013-12-03 17:48