2012年06月05日

『キリマンジャロの雪』お薦め映画

★★★★ 2011年製作 仏(107 min)
【監督】ロベール・ゲディギアン
【出演者】アリアンヌ・アスカリッド、ジャン=ピエール・ダルッサン、ジェラール・メイラン、マリリン・カント、グレゴワール・ルプランス・ランゲ、アナイス・ドゥムースティエ、アドリアン・ジョリヴェ
【あらすじ】フランスの港町マルセイユ。 結婚30年になる男性ミシェルは、労働組合委員長として長年闘ってきたが、不景気のため失業してしまう。 ある夜、自宅に二人組の強盗が押し入り、金品や妻と行くはずだったアフリカ・キリマンジャロ行きの旅行券までが奪われてしまう。 やがて犯人が自分と一緒にリストラされた青年で、彼が幼い弟二人を抱えて苦労していたことがわかるのだが…。 社会派ヒューマンドラマ。
ラックス賞、バリャドリッド国際映画祭銀賞・観客賞、リュミエール賞脚本賞
『キリマンジャロの雪』象のロケット
『キリマンジャロの雪』作品を観た感想TB

画像(C)AGAT Films & Cie, France 3 Cinema, 2011 All rights reserved.

kilimanj1.jpg 【解説と感想】会社が経営不振に陥り人員削減が必要になった時、社内では様々な憶測が飛び交う。誰もが、他の人は何とか生活できるかもしれないが、自分だけはリストラされては困るのだと考える。しかし、家庭の事情は外から簡単に判断できるものではない。

kilimanj2.jpg 主人公の男性ミシェル(ジャン=ピエール・ダルッサン)はマルセイユの港湾労働者で、長年、労働組合の委員長として闘ってきたが、ついに会社存続のためリストラに応じた。委員長の権限で自分をリストラ対象から外すこともできたのに、彼はそうしなかった。仲間への配慮である。

「これでお互い恨みっこなし」のつもりだったのに逆恨みされてしまう。一緒にリストラされた若者クリストフ(グレゴワール・ルプランス=ランゲ)が自宅に強盗に入ったことで、ミシェルはショックを受ける。実はクリストフは幼い弟二人を養っていたが、借金が嵩み追い詰められていたのだ。

ミシェルの子どもたちは既に独立し、妻マリ=クレール(アリアンヌ・アスカリッド)はヘルパーの仕事をしている。再就職先はなかなか見つからず、孫の世話や大工仕事で暇をつぶすしかない毎日は虚しいが、今すぐ餓死するほど困窮してはいない。

労働組合のヒーローも、職を失えばただの人。社会のため、仲間のために闘ってきたのに、もはや闘う場すらなくなってしまった。しかし、労働組合だけが闘う場ではない。仲間のため、社会のためにできることは身近に転がっていたのである。

ここでは詳しくは述べないが、ミシェル夫妻がやったことは、彼らの経済力からすれば大変なことだ。なかなかできることではない。だったら、もっと金持ちがやればいいのにと思うだろう。または行政がやるべきだと。

kilimanj3.jpg しかし、ミシェルとマリ=クレールは自分たちの暮らしも楽ではないからこそ、同じように楽ではない家族のサインをキャッチしたのだ。そこで見て見ぬ振りもできたのに、彼らはそうしなかった。いい夫婦の話だが、ここまで行く前に、何とかならなかったものかという思いも残る。そこが、監督の訴えたかったところだろう。

ボランティアをしたくても家庭や仕事の事情で出かけられない、寄付金も多くは出せないという人は多い。だが東北や海外へ行かなくても出来ることがある。ご近所や友人、親族に困っている人はいないだろうか? 大変な状態なのに、人に相談することを思いつかなかったり、声を上げる元気や気持ちの余裕がない人もいる。好意に付け込まれて騙されることには気をつけた上で、本当に困っている人のサインを見逃さないで欲しい。さりげなく声をかけると、思わぬ答えが返ってくることもある。自分の手に負えない場合は無理せず、それを他の人や役所に伝えるだけでもいい。または他愛のないおしゃべりだけでも、心が救われる時だってあるのだ。

もともと善良だったミシェル夫妻だが、人を助けることで更に気持ちが変化していく。ボランティアはお互い様。思いやり、赦し、助け合いの精神は、両者を救うことを教えてくれる、お薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)




 
posted by 象のロケット at 11:34| Comment(0) | TrackBack(6) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273543254

この記事へのトラックバック

映画:キリマンジャロの雪 他にない感覚で新鮮さを感じられる、監督の名人芸を堪能できる一本。
Excerpt: 映画「ル・アーヴルの靴みがき」で実は気になっていたのは、いつもにも増して、やけに飲酒シーンが多いことだった。 逆にこちら「キリマンジャロの雪」ではまるで違う感覚で、主人公の老夫婦(写真)が「酒」..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2012-06-05 21:43

キリマンジャロの雪
Excerpt: フランスの港町マルセイユ。 結婚30年になる男性ミシェルは、労働組合委員長として長年闘ってきたが、不景気のため失業してしまう。 ある夜、自宅に二人組の強盗が押し入り、金品や妻と行くはずだったアフリカ・..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2012-06-07 04:48

「キリマンジャロの雪」
Excerpt: 「Les neiges du Kilimandjaro」…aka「The Snows of Kilimanjaro」 2011 フランス ミシェルに「ダニエラという女/2005」「サン・ジャック..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2012-06-29 21:14

キリマンジャロの雪/Les neiges du Kilimandjaro/重なり合う2人の優しさが嬉しい
Excerpt: ヴィクトル・ユーゴーの長編詩をモチーフにして制作された作品。マルセイユの港町を舞台に、押し寄せる不況で解雇された夫とその妻という老夫婦が突きつけられた現実に向かい合う姿を描いている。主演は『マルセイユ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-06-30 00:01

映画「キリマンジャロの雪」見たことに無い景色より見たい風景があった
Excerpt: 「キリマンジャロの雪 」★★★★☆ アリアンヌ・アスカリッド、ジャン=ピエール・ダルッサン、 ジェラール・メイラン、マリリン・カント出演 ロベール・ゲディギャン監督、 107分、2012年6月9日公..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-07-18 07:05

キリマンジャロの雪〜人間の良心を
Excerpt: 一昨日のことになりますが、台風の日、塾バイトが休みになったので、 夜の時間が空いたなあと思い、映画館へ。 予想とおりに映画館はガラガラでしたね。 久しぶりのおフランス映画です。 ..
Weblog: Osaka-cinema-cafe
Tracked: 2012-08-30 15:50