2012年03月24日

『アーティスト』お薦め映画

★★★★★ 2011年製作 仏(101 min)
【監督】ミシェル・アザナヴィシウス
【出演者】ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ベネロープ・アン・ミラー、ミッシー・パイル
【あらすじ】1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージとエキストラ女優のペピーは、短い共演シーンの中で互いの存在を意識する。 1929年、セリフのあるトーキー映画が登場するが、サイレント映画にこだわり続けるジョージは観客に見放され落ちぶれていく。 一方、トーキー映画の人気女優となったペピーは、彼を復活させようと陰ながら助力するのだが…。 白黒&サイレントで描くロマンティック・ラブストーリー。
アカデミー賞作品賞・主演男優賞・監督賞・衣装デザイン賞・作曲賞、ゴールデングローブ賞作品賞・主演男優賞・オリジナル作曲賞、他多数受賞
『アーティスト』象のロケット
『アーティスト』作品を観た感想TB

画像(C)La Petite Reine - Studio 37 - La Classe Americaine - JD Prod - France 3 Cinema - Jouror Productions - uFilm All rights reserved.

artist1.jpg 【解説と感想】エネルギー革命、技術革命という生活が便利になる進化の陰で、必ず絶望し泣く人がいた。しかしデジタル化が進んだ今でも、活版印刷で名刺を作る人、昔の一眼レフカメラで写真を撮り自宅で現像する人、レコードをコレクションしている人、DVD化されている映画をわざわざ映画館へ観に行く人がいる。なぜか? そこには新しいものにはない味があるからだ。その感覚は曖昧で数値化しにくいものである。

ところが、白黒のサイレント映画である本作は、今年のアカデミー賞作品賞・主演男優賞など世界の映画賞を総なめにして数字的にも分かりやすい結果を出した。テリア犬のアギーまでがカンヌ国際映画祭でパルムドッグ賞を受賞して笑いを誘った。快挙である。

artist3.jpg 俳優ジョージ(ジャン・デュジャルダン)は、もうトーキーの時代だよと誰が言っても耳を貸さず、サイレント映画にこだわり続けた。それも一つの生き方だが、世界大恐慌の影響で生活もままならなくなった。一方、ペピー(ベレニス・ベジョ)はトーキー映画で一躍スター女優となった。彼女はサイレント映画の時代にはエキストラだったので、無理なく抵抗なくトーキーに移れたのかもしれない。声を出すのと出さないでは演技方法が大きく異なるからだ。

セリフを発しない俳優の演技、ダンス、印象的な音楽が白黒のスクリーンを鮮やかに彩り、短い挿入字幕だけでストーリーがダイレクトに伝わってくる。主演のこの二人、ちょっとレトロな顔立ちだ。躍動する頬、大きな口、よく動く目、力強い手、哀愁を漂わせる背中、リズミカルにタップを踏む足…、全身で声なきセリフを発している。

新しいものが持てはやされ、古い物は廃れてしまう。特に現代ではその速度が増していて、あっという間に流行遅れになってしまう。老舗の味や着物の柄も少しずつ変化しているくらいだから、時代を受け入れることも必要だ。今持っているものを、大事にするか、捨てるか、改良するか、新しいものを生み出すかで、未来は大きく変わってくる。

artist2.jpg ジョージの主演映画にペピーがエキストラで出演し、何度も取り直しになってしまう印象的なシーンがある。手と手が触れた瞬間、心が一つになる運命の出会いだ。だが二人の恋はなかなか進展しない。ジョージとペピーが共に歩む道はないように思える。忘れられたスターが復活する秘策はあるのか? あっと驚く展開は、映画の歴史に裏付けされている。

最新の特撮技術に驚かされていた昨今だが、サイレント映画にもトーキー映画にはない素晴らしい表現力がある。世の中の流れが全て同じ方向では恐ろしいし面白くない。ミシェル・アザナヴィシウス監督のガッツと、ジョージとペピーの映画人生を賭けたラストに拍手喝采! 幸せな気持ちで映画館を後に出来る、That's Entertainment!なお薦め作品だ。

(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)


 

posted by 象のロケット at 15:29| Comment(0) | TrackBack(21) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259794133

この記事へのトラックバック

アーティスト
Excerpt: 最優秀俳犬賞は伊達じゃない 【Story】 1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターとして君臨していたジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新人女優ペピー(ベレ..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2012-03-26 01:01

アーティスト
Excerpt: 1927年、ハリウッド。 サイレント映画の大スター、ジョージとエキストラ女優のペピーは、短い共演シーンの中で互いの存在を意識する。 1929年、セリフのあるトーキー映画が登場するが、サイレント映画にこ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2012-04-03 22:48

アーティスト
Excerpt: 無声映画といっても音楽や効果音はしっかり入っている。登場人物の考えていることもしゃべっていることも全部わかる。これほど映画の表現の豊かさを体感できるのは本当に楽しい。一番の名シーンは、ぺピーがジョージ..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2012-04-08 00:16

『アーティスト』の画期的なところは何か?
Excerpt:  こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、そ..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-04-08 02:54

映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。
Excerpt: 噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めよう..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2012-04-10 00:35

映画:アーティスト The Artist(2回め) 演出上のいろいろな「仕掛け」の積み重ねに唸りまくり!
Excerpt: 1回めは、NY滞在中、近くのParis theater に駆け込んでの鑑賞。 その時の感想は=「ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的」(2012-02-03) 2回め..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2012-04-10 00:35

アーティスト
Excerpt: ★★★★★“シンプルだからこそ伝わる情感の豊かさ”この映画、第84回アカデミー賞の作品賞など5部門を受賞し話題になっているのでご存じの方も多いかと思います。この作品はモノクロでサイレントということでも..
Weblog: 映画とライトノベルな日常自販機
Tracked: 2012-04-12 11:47

「アーティスト」 映画の進化
Excerpt: 第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2012-04-14 07:39

アーティスト
Excerpt: 原題:The Artist監督:ミシェル・アザナビシウス出演:ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、マルコム・マクダウェル・..
Weblog: ハリウッド映画 LOVE
Tracked: 2012-04-14 20:59

今、白黒サイレント映画を!
Excerpt: 13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2012-04-21 18:57

アーティスト
Excerpt: 映画って楽しいんですよバン!公式サイト http://artist.gaga.ne.jpモノクロ映像で、無声映画の手法の作品。監督: ミシェル・アザナヴィシウス1927年のハリウッド。サイレント映画の..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2012-04-24 08:17

アーティスト
Excerpt: ★★★★☆ 全編モノクロ映像のサイレント映画であり、フランスの監督がメガホンを取りったにも拘らず、米国のアカデミー賞に輝いてしまった。一体どういう映画なのか、背景が1927年のハリウッドで、あることか..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2012-04-24 08:53

「アーティスト」みた。
Excerpt: 第84回アカデミー賞の作品賞ほか5部門を受賞したモノクロサイレント映画。話題性は抜群だし良質な映画であることも確信できるのだけど、慣れない形式に心配があり、とりあえず信頼している方の感想待ちからようや..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2012-04-24 17:01

芸術家は死なず〜『アーティスト』
Excerpt:  THE ARTIST  1927年、ハリウッド・キノグラフ撮影所。サイレント映画の大スター、ジョー ジ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)と、彼に憧れて女優を夢..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-04-25 07:08

『アーティスト』栄枯盛衰が人生さ。
Excerpt: アーティスト ★★★★ 人は老い、時はすぎゆく それが世の常、生きることだから仕方ない 言わずと知れた本年度アカデミー賞作品賞・監督賞・主演男優賞ほか最多5部門受賞作 今年の映画の中で目玉中の目玉、 ..
Weblog: Healing
Tracked: 2012-05-02 17:27

「アーティスト」
Excerpt: 〔2011年/フランス〕 1920年代のハリウッド。 映画界の大スター・ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)の 生活は順風満帆。 出演する映画は必ずヒットし、 豪邸に住み、 高..
Weblog: のんびり。
Tracked: 2012-05-29 13:58

「アーティスト」
Excerpt: モノクロ・サイレントで作られたフランス映画、「アーティスト」(The Artis
Weblog: セレンディピティ ダイアリー
Tracked: 2012-05-30 08:39

アーティスト
Excerpt: ★ネタバレ注意★  ミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン主演のフランス映画ですが、先日のアカデミー賞では、作品賞、主演男優賞、助演女優賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、作曲賞、美..
Weblog: キノ2
Tracked: 2012-05-30 10:28

「アーティスト」
Excerpt: 「The Artist」 2011 フランス/ベルギー ジョージ・ヴァレンティンにジャン・デュジャルダン。 ペピー・ミラーにベレニス・ベジョ。 アル・ジマーに「お買いもの中毒な私!/2009..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2012-05-30 19:29

アーティスト
Excerpt: Data 原題 THE ARTIST 監督 ミシェル・アザナヴィシウス 出演 ジャン・デュジャルダン  ベレニス・ベジョ  ジョン・グッドマン  ジェームズ・クロムウェル  ペネロープ・アン・..
Weblog: 映画 K'z films 2
Tracked: 2012-05-31 22:39

アーティスト
Excerpt: 7月19日鑑賞 「ドライヴ 」みる つもりだったが。 第84回 アカデミー賞 作
Weblog: 猫の膝
Tracked: 2012-08-03 13:41