2010年10月24日

『レオニー』お薦め映画

★★★★★ 2010年製作 日・米 (132 min)
【監督】松井久子
【出演者】エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、柏原崇、勅使川原三郎、吉行和子
【あらすじ】1901年、アメリカ・フィラデルフィアの名門女子大を卒業したレオニー・ギルモアは、ニューヨークに滞在中の日本人詩人ヨネ・ノグチ(野口米次郎)の編集者となる。 ヨネの詩や小説は一躍米英文壇の脚光を浴びるが、彼は自分の子を妊娠したレオニーを残して日本へ帰国。 レオニーは3歳になった息子を連れ日本を訪れるが、既にヨネには正式な妻がいた…。 彫刻家イサム・ノグチの母の生涯。  
原案:ドウス昌代「イサム・ノグチ〜宿命の越境者」
『レオニー』象のロケット
『レオニー』作品を観た感想TB

画像(C)レオニーパートナーズ合同会社 All rights reserved.

leonie1.JPG 【解説と感想】今秋、劇場版「ゲゲゲの女房」も公開されるが、NHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」は大ヒット。妻に焦点を当てることで、視聴者は別の視点から漫画家・水木しげるへの理解を深めることができる。

本作も有名人の家族の実話で、主人公は世界的デザイナー、イサム・ノグチの母レオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)。アメリカ滞在中の日本人詩人ヨネ・ノグチこと野口米次郎(中村獅童)と恋に落ちるが、彼は妊娠した彼女を残して帰国してしまう。日米関係悪化のためとは言え、その捨て方はかなり非情だ。彼女は実家へ戻り、周りの冷たい視線を浴びながら混血の息子イサムを育てる。

leonie2.jpg もうそれっきりかと思ったが、ヨネは3歳になったイサムとレオニーを日本に呼び寄せる。ところが、はるばるやって来たというのに、ヨネの様子はどうもおかしい。かなり裕福な家の子息らしいヨネは、最初から外国人女性を正式な妻にする気などなかったのだろう。彼は既に別の女性と結婚しており、レオニーはいわゆる妾の扱いを受けることになる。

誇り高き彼女はヨネと別れ、苦難の道を歩む。ろくに言葉も通じない日本で、仕事をし、子育てをし、女性としてもアッと驚くことをやってのける。英語教師の口がないかと、アメリカで知り合った津田塾大創設者・津田梅子(原田美枝子)を訪ねた時、進歩的であるはずの梅子からさえ、「あなたのような生き方は、まだ今の日本社会では受け入れられ難い。」と断られてしまったほどだ。

leonie3.JPG 様々な生き方が選べる現代でさえ変わり者は苦労する。イサムが生まれたのは約100年前の1904年(明治37年)。明治時代の男女の立場や貞操観念を想像するだけで、当時のレオニーがいかに好奇の目で見られていたかがわかる。
彼女を朝ドラの主人公にしたら面白いのにと最初は思ったが、さわやかな朝のホームドラマに仕立てるのは少々難しいかもしれない。

エミリー・モーティマーが愛らしさを失わず、真っすぐに生きるアメリカ女性を好演。中村獅童も身勝手な日本人インテリ役が板についていた。レオニーとは逆パターンの、日本に帰化した外国人作家ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の日本人妻セツ(竹下景子)を、対照的な人生を送った友人として登場させたのもよかった。

leonie4.JPG 子どもの人格形成に、父と母の関係や生き方が影響するのは当たり前だが、日米それぞれの文化の影響を受け、イサム・ノグチの才能は花開いた。息子の能力を早くから見抜き、芸術家として生きることを半ば強いるようなレオニーの教育方針には、オール5よりも個性を伸ばす主義のお母様方は興味をそそられるのではないだろうか。

アメリカの名門女子大生だった頃のレオニーは「平凡な人生はつまらない」と思っていた。だが、やがて「平凡」であることがいかに大変で難しく、そして素晴らしいことであるかを知るのである。隣の芝生は青い。自分は平凡な人生を送っていると思っている方は、その幸せを噛みしめて欲しい。困難でも妥協せず自分流にという方は彼女の生き方を参考にして欲しい。明治の外国人女性の一代記。お薦め作品だ。

なお、本作は東京国際映画祭(10月23日〜31日)でも上映される。
http://www.tiff-jp.net/ja/
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



posted by 象のロケット at 09:33| Comment(1) | TrackBack(17) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
TBしていただき、ありがとうございます。

こちらを拝見して、こういうお仕事があることを
初めて知りました。
そして、映画を丁寧にご覧になっておられて
参考になりました。

次は、どんな映画がとりあげられるのかな
と興味がわきました。
Posted by 香菜 at 2010年12月06日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レオニー
Excerpt: 10月24日(日)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン2。 東京国際映画祭の特別招待作品上映で鑑賞。
Weblog: あーうぃ だにぇっと
Tracked: 2010-11-01 07:43

映画「レオニー」を観ました
Excerpt: <font size="5"><font face="Arial">みんみんです<img src="/im/emoticon/twinkle3.gif" align="absmiddle">。<br><br>映画「レオニー」を初日で観てきました。<br><br>初日は混むのでいつもは行きませんが、案の定かなりの混雑。しかも、シニアに人気の高い映画です。<br><br><br><br>イサムノグチは1988年に亡くなってます。<br>アメリカのNY..</font></font>
Weblog: ペインターみんみんの油絵制作&絵画の画像 動画
Tracked: 2010-11-22 09:32

「レオニー」みた。
Excerpt: 100年前の明治時代、まだまだ未熟な日本を訪れたひとりのアメリカ人女性:レオニーの半生が描かれた作品。ニューヨークで出会った日本人男性と愛し合い、子を授かった矢先”戦争”を切っ掛けにレオニーの人生は波..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2010-11-24 19:19

レオニー
Excerpt: 世界的彫刻家イサム・ノグチの母親、レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた伝記映画だ。ニューヨークで野口米次郎と出会い、イサムを出産し、来日と様々な環境に身を置きながらも息子を愛し続ける母親を演じるのは..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-11-25 16:30

*レオニー*
Excerpt: &nbsp;             ***STORY***           2010年  日本                   1901年、米国の名門女子大学を卒業し教職に就..
Weblog: Cartouche
Tracked: 2010-11-26 21:18

レオニー
Excerpt: 1901年、ニューヨーク。 レオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)は、日本から来た詩人、野口米次郎(中村獅童)出会い、編集者として彼の英詩を手伝うようになる。 やがて恋に落ちた2人だ..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2010-11-27 02:45

レオニー
Excerpt: 日露戦争や第一次世界大戦が起きる激動の時代に、イサムをアメリカと日本の両国で育て続けたレオニーの母親としてのたくましさに感動した。生まれたのはまさに西部劇の時代であり日本の幕末だ。津田梅子が同じ大学出..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2010-11-28 06:59

[映画]今年105本目「レオニー」
Excerpt: 監督:松井久子 出演:エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子 製作:2010年 日本/アメリカ イサム・ノグチの母レオニーの生涯を描いた映画。 広島には、イサム・ノグチデザインの橋がふたつある..
Weblog: メガネがキラリ☆
Tracked: 2010-12-03 22:40

レオニー
Excerpt: 世界的彫刻家イサム・ノグチの母親、レオニー・ギルモアの波乱の生涯を描いた伝記映画だ。ニューヨークで野口米次郎と出会い、イサムを出産し、来日と様々な環境に身を置きながらも息子を愛し続ける母親を演じるのは..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-12-03 23:34

『レオニー』(2010)/日本
Excerpt: 原題:LEONIE監督・脚本・制作:松井久子出演:エミリー・モーティマー、中村獅童、原田美枝子、竹下景子、クリスティーナ・ヘンドリックス、メアリー・ケイ・プレイス、柏原崇、山野...
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2010-12-04 02:27

レオニー
Excerpt: ある母の生涯公式サイト http://www.leoniethemovie.com彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)の母の生涯を描いた映画監督: 松井久子 「ユキエ」 「折り梅」1901年のニ..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2010-12-04 22:12

レオニー
Excerpt: 100年前、ひとりで日本の地を踏み、天才を育てた女性がいた。その名はレオニー。 世界的に有名な芸術家イサム・ノグチの母、レオニー・ギルモアの物語。20世紀初頭のニューヨーク。これからは女..
Weblog: 映画通信みるみる
Tracked: 2010-12-05 16:46

レオニー
Excerpt: 《レオニー》 2010年 日本/アメリカ映画 −原題 − LEONIE 彫刻家イ
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2010-12-07 19:41

突き進む母〜『レオニー』
Excerpt:  LEONIE  1901年、ニューヨーク。平凡な人生を嫌い、自然と芸術への強い憧憬を持つ レオニー・ギルモア(エミリー・モーティマー)は、ヨネ・ノグチ(中村獅童)という ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2011-01-04 18:58

レオニー☆人生は絶対に、諦めてはいけない。
Excerpt:  お母さん、     私はこの子を連れて     日本という国に行きます。
Weblog: ☆お気楽♪電影生活☆
Tracked: 2011-01-04 20:12

力作「レオニー」
Excerpt: 松井久子監督の前二作はDVDになっていない。全国での上映運動で制作費を回収するという手段を取っており、実際それによって同時期上映の「フラガール」よりも多い入場者を獲得す...
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2011-01-07 11:05

映画「レオニー」
Excerpt: 2010 日米
Weblog: しづのをだまき
Tracked: 2011-05-11 08:06