2010年06月15日

『必死剣鳥刺し』お薦め映画

★★★★★ 2010年製作 日 (114 min)
【監督】平山秀幸
【出演者】豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、岸部一徳、小日向文世、戸田菜穂、村上淳
【あらすじ】東北、海坂藩の近習頭取・兼見三左ェ門は、三年前、死を覚悟して失政の元凶である藩主の愛妾を城中で刺殺。 が、意外にも寛大な処分が下され、一年の閉門後、再び藩主の傍に仕えることになった。 ある日、中老・津田民部から思わぬ秘命が下る。 彼を天心独名流の剣豪だと知っての相談であり、「鳥刺し」という必勝技を「お上のために役立てろ」というものであった…。 時代劇。
『必死剣鳥刺し』象のロケット
『必死剣鳥刺し』作品を見た感想TB

画像(C)2010「必死剣鳥刺し」製作委員会 All rights reserved.

tori2.jpg 【解説と感想】江戸時代。東北、海坂藩の下級武士・兼見三左ェ門(豊川悦司)は、3年前、藩主(村上淳)の愛妾(関めぐみ)を何と城中で刺し殺す。愛妾・連子は“傾国の美女”(その色香に溺れて、執政者が正常な判断を行えなくなってしまうほどの女)であり、誰もが連子を邪魔と思いながらも恐れ多くて口に出せずにいたのだ。

三左ェ門の切腹ぐらいでは済まないだろう。身内にも累(るい:迷惑)が及ぶのではと案じられたが、意外にも寛大な処分が下され、一年の閉門後、三左ェ門は再び藩主の傍に仕えることになる。しかし、しばらくして、藩の重臣である中老・津田民部(岸辺一徳)から呼び出される。天心独名流の剣豪である三左ェ門の「鳥刺し」という必勝技を「お上のために役立てろ」というもので、ご別家・帯屋隼人正(吉川晃司)を時期を見て討てという密命であった。

tori4.jpg 帯屋隼人正とは藩主・右京太夫の従弟で、直心流の剣士である。領民への関心もなく苦しい財政状況の中でも女や能にうつつを抜かす凡庸な藩主と違い、藩内での人望もあるキレ者でイイ男。藩政を憂い、たびたび城にやって来ては苦言を呈すのが、藩主やその側近は気に入らない。

能力より血筋と順序が重んじられた江戸時代。序列なくしては社会が成り立たないから、出しゃばる別家を排除することは正しい。藩政や領民のためにはならなくても、将来起こるかもしれないお家騒動を避けることは藩のためなのだ。
藩主や上司の意向に従い、どんな理不尽なことであっても受け入れるのが武士の本分。三左ェ門もそう思っていたはずである。

tori3.jpg 作品中、三左ェ門は心境をほとんど明かさない。連子を刺した理由についても、彼に想いを寄せる姪・里尾(池脇千鶴)の口から「死に場所を求めていたのかも。」と語られるだけだ。事件の前年に愛妻(戸田菜穂)を病で亡くし、これから先、生きている理由も特にないと感じていたのかもしれない。
藩政や藩主、連子、中老・津田、ご別家、妻、里尾に対する気持ちも、言葉ではなく行動で暗示されるだけ。寡黙でまっすぐな男なのだ。

3年前、連子を刺したのは三左ェ門の意思である。藩のためになったのかというと、実際には女ひとり殺したところで片が付く問題ではなかったのだが、命を賭して諸悪の根源を始末した彼の行為は、図らずも男を上げた。しかし今回はどうか?

tori5.jpg 帯屋隼人正を討つためだけのために、彼と互角に戦える唯一の腕を持つ三左ェ門が3年もの間、生かされていたのだとしたら、恐るべき深謀遠慮である。もう一人のキレ者は、中老・津田民部であった。このテの役柄が多すぎて、登場するだけで十分胡散臭くなってしまう岸辺一徳、ハマリ役だ。 

藩を現代の会社だと考えても十分納得のいく内容である。ラストの壮絶な戦いすら、我が身に置き換えることのできる方がいらっしゃるかもしれない。運命の不条理を描く大人のための時代劇。お薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)



posted by 象のロケット at 20:32| Comment(1) | TrackBack(12) | 超お薦め映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。

>このテの役柄が多すぎて、登場するだけで十分胡散臭くなってしまう岸辺一徳、ハマリ役だ。

ほんとに、彼が演じているというだけの理由で「きっと裏があるはず」と思わせますね。
監督にとってはありがたい役者なのかそうでないのかわかりませんが(笑)。
Posted by きぐるまん at 2010年08月05日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153362834

この記事へのトラックバック

必死剣鳥刺し
Excerpt: 試写会で見ました。豊川(悦司)さんと池脇(千鶴)さんが舞台挨拶にこられていました
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2010-07-08 22:50

必死剣 鳥刺し
Excerpt: 藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの中でも傑作と言われている 「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。藩内随一の腕前の剣客であるが ゆえに藩内の権力闘争に翻弄されて、過酷な運命をさらされてしまう..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-07-10 23:37

必死剣 鳥刺し
Excerpt: 藩主の側室の横暴を止めるために公の場で刺し殺した剣の達人が、権力闘争に巻き込まれてしまう。ラストの殺陣シーンは翻弄された主人公の怒りが昇華されて、すさまじい。亡き妻の姪の献身的な愛に応える物語が救いに..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2010-07-15 00:00

『必死剣 鳥刺し』の作法とは?
Excerpt:  宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-07-16 02:16

必死剣鳥刺し
Excerpt:  『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2010-07-28 07:33

必死剣鳥刺し
Excerpt: 藤沢周平原作という事で、また凹む話じゃないだろうなと思ってたら、全くその通りでし
Weblog: 日常の履歴
Tracked: 2010-07-29 21:40

必死剣 鳥刺し
Excerpt: 「藤沢周平秀異の作」を映画化したという本作、確かに原作における「必死剣」とは、主人公が我流で編み出した剣技であり、「隠し剣」シリーズでは異色の作品となるでしょう。原作では主人公がなぜそんな技を生み出さ..
Weblog: WEBLOG:e97h0017
Tracked: 2010-08-01 14:30

『必死剣鳥刺し』(2010)/日本
Excerpt: 監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳公式サイトはこちら。<Story>時は江戸。東北は海坂藩...
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2010-08-04 20:12

組織に裏切られ義に殉じる〜映画「必死剣 鳥刺し」
Excerpt: 組織に裏切られ義に殉じる〜映画「必死剣 鳥刺し」 組織はいつも個人の「誠」を裏切り続ける。この公式が外れた試しがない。そしてこの映画でも、組織は個人の「誠」をほんろうする。乾坤一擲、「個」の義が組織..
Weblog: 夕陽の回廊
Tracked: 2010-08-05 05:45

必死剣鳥刺し(試写会)@梅田梅田ブルク7
Excerpt: 『試写会行きませんか?しかも舞台挨拶もあります!』 とメールを貰って、めちゃめちゃ大喜びで試写会に連れて行ってもらいました(*^_^*) ...
Weblog: 浪速OLくいだおれ日記
Tracked: 2010-08-05 07:33

必死剣 鳥刺し
Excerpt: 死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 製作年度 2010年 上映時間 114分 原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収) 脚本 伊藤...
Weblog: to Heart
Tracked: 2010-08-18 10:17

必死剣鳥刺し
Excerpt: 藤沢周平原作の「隠し剣」シリーズの映画化になります。 舞台は、お馴染み、東北の海坂藩(うなさかはん) 「必死剣」とも「鳥刺し」とも言われる秘剣の持ち主である主人公、兼見。 その技を目にする時、遣い手..
Weblog: 愛猫レオンとシネマな毎日
Tracked: 2010-08-26 22:37